長崎で派遣するなら知っておきたいポイント大公開!

プロフィール

TGK

TGK

長崎出身のTGKです。趣味は釣りで、世界中の魚を釣ってみたいです。

最新の特集

注目の特集

自分に合った東京の医学部予備校を見つけることが合否に大きく影響することに注意!!


医学部予備校は、近年数多くの校舎が誕生しており、多彩が教育体制から自分に最適な環境を選べるようになっています。

特に近年は私立医学部志願者が増加しており、ここ10年で約1.5倍程度も増えています。
これは、学費の値下げ及び奨学金の充実が影響しており、サラリーマン家庭でも私立の医学部を目指しやすくなったことがあげられます。

また、終身雇用の崩壊や、大企業による相次ぐリストラや倒産を目の当たりにした社会人が医師を目指すケースも増えています。
学費や年齢など、各受験生によって問題となる事項は異なるので、それぞれに最適な医学部に合格できるようサポートしてくれる医学部予備校で学ぶことが重要です。

最初に述べたように医学部予備校の数は増えており、渋谷区を中心に都市部で校舎数が増えております。
また、駿台予備校の市ヶ谷校が有名ですが、河合塾も医学部専用校舎を梅田に新規開校するなど、大手予備校も医学部受験生のサポートに力を入れだしています
医学部予備校に通うなら首都圏に私立医学部が集中しているし、情報量や講師の質を考えても東京が一番でしょう。

従来は医学部予備校といえば学費の高いイメージがありましたが、今では大手予備校と同等あるいはそれ以下の割安な学費で学べる校舎も出てきています。
経済的負担を理由に医学部予備校を諦めようとしているなら、まずは学費が安いことで有名な「ACE ACADEMY」「東京メディカル学院」などを検討に入れてみることをおすすめします。

次に、社会人を専用とした再受験コースを設置している医学部予備校も増加しています。
一般のコースと違うのは、カリキュラムが柔軟で仕事と両立しながら学べたり、ゼロからの学習でも合格に必要な高度な学力が短期間で習得できるような手厚いフォロー体制を提供したりしています。

再受験生は年齢が合否を左右することもあるため、再受験生の合格実績の高い医学部予備校で、最適さ志望校を選んでもらうようにしましょう。
「慶応進学会フロンティア」「池袋医進館」「東京医進学院」などが再受験生に強いと有名です。

このように医学部予備校によって強みが異なってくるので、まずは自分の条件に合う予備校を探すことから始めましょう。
私がおすすめする「東京の医学部予備校を徹底比較!!」では、首都圏にある医学部予備校を詳しく解説しているので、相性の良い学校探しに役立つと思います。ぜひ一度確認してみてください。

FireShot Screen Capture #130 - '東京の医学部予備校を徹底比較!!' - 医学部予備校_tokyo

 

 

 

 

 

東京の医学部予備校に行くなら寮にこだわろう

東京には沢山の医学部予備校で寮が用意されています。
それだけ地方からの利用者が多いという証拠でしょう。
地方出身の医学部受験生が多いと、それだけ経験やノウハウが豊富なのでサポートが充実していることが多いです。
医学部予備校によって寮の種類や設備は全然違います。
中には校舎と一体型となっている医学部予備校もあるなど、それぞれが特徴ある寮を運営しています。
したがって、1年間通うことになるため、快適かつ勉強に集中できる寮を見つけ出しましょう。

直営寮が一番安心

医学部予備校の場合、直営と提携の2種類の寮があります。
おすすめは何といっても直営寮です。
何故かと言うと、医学部予備校が運営する直営寮は利用者が全員生徒
いっぽう、提携寮は学生や他予備校の生徒など様々な利用者が集まっています。
したがって、勉強へのモチベーションは様々。
提携寮の場合は、利用者の質によっては勉強に悪影響を及ぼすリスクが高いので避けたいところです。

東京でおすすめの直営寮は?

東京には直営寮完備の医学部予備校が沢山ありますが、おすすめするなら野田クルゼ
理由は寮内に自習室が完備されているからです。
寮には各部屋に机が備わっていますが、自室だと勉強が集中できないっていう人も多くいませんか?
しかし、野田クルゼなら自習室が寮内にあるので、授業がない週末はわざわざ医学部予備校まで行かなくても寮で勉強することが可能です。
もちろん、24時間寮母常駐でいざという時も安心。
寮もデザイナーズマンション風でキレイかつ清潔感があり快適な受験生活が送れます。

page top